Toy Factory

ワールド・ソーラー・チャレンジ2011「NEIGHBORS」

 

今日もHIDDEN VALLEY サーキットに強い日差しが降り注ぐ。

太陽が中天に昇る前だというのに気温33度、湿度78%。ソーラーカーのパネル表面温度は優に50度を超える。

ゼッケン90番に決まったTEAM OKINAWA のピットには、世界各国から集まったチームのクルーたちやプレスが連日のように訪れる。

「 BOYS,GOOD JOB. 」

TEAM OKINAWA は唯一の高校生チームなのだ。

左隣りのピットはマサチューセッツ工科大学、その先にはスタンフォード大学、ミシガン大学がピットを構える。右隣りはイスタンブール大学、さらにカナダ、イタリア、フランスからやってきたチームが個性的なカラー、フォルムの車両でピットロードに花を添える。

各チームのケータリングや長い夜の過ごし方にも、国際レースを思わせるものがある。

ようやく吹き始めた夜の風に乗って、イタリアチームのピットから流れてくるギターの音。その調べに合わせて途切れ途切れに聞こえるフランスチームの、おそらく即興の唄声。

今夜もTEAM OKINAWA の長く熱い夜が更けてゆく。

1013a.jpg.JPG
1013b.jpg.JPG
1013c.jpg.JPG
1013d.jpg.JPG
1013e.jpg.JPG
1013f.jpg.JPG
1013g.jpg.JPG
1013h.jpg.JPG